皮膚を知り尽くしているから、できること。

簡易アミノ酸分析 (o-Phtalaldehyde法)

o-PhtalaldehydeOPA)が還元剤の存在下でαアミノ酸と結合し、強い青色の蛍光を持つ化合物を生ずることを利用した分析法です。この試験を用いて検体中の特定のαアミノ酸について、含有量や経時変化を検出することが可能です。

 

また、従来のニンヒドリン反応と比較して検出感度が高いのも特徴です。