皮膚を知り尽くしているから、できること。

表皮細胞を用いた血管増殖因子VEGF過剰誘導抑制作用評価

血管増殖因子 (Vascular Endothelial Growth Factor, VEGF) は、血管新生すなわち皮膚における過剰な血管形成を促進することで皮膚の赤み (赤ら顔、酒さ) の原因になると言われています。

 

 表皮細胞に刺激物質を処理することで、刺激によるVEGFの過剰誘導を検出し、さらにこの過剰誘導に対する検体の作用を評価することで、過剰な血管形成の抑制とこれに付随する皮膚の赤み軽減の効果を確認できます。