皮膚を知り尽くしているから、できること。

ニュースレターVol.50(2013年4月26日)

<EUにおける化粧品に関する動物実験禁止令と三次元皮膚モデル>

 

5月がもうそこに来ていますが、気温の変化が激しく安定しない日々が続いております。 

 

 さて、最近の化粧品の評価に関する大きなトピックスとして、3月11日より欧州連合(EU)において、動物実験を行って開発された化粧品の発売が全面的に禁止になった事が挙げられます。これにより、動物実験代替の試験法の重要性がさらに高まりました。私たちも、化粧品やその原料の安全性を担保するためや、有用性を実証するために、人間の皮膚を模した三次元皮膚モデルを用いた評価を多く手がけております。しかし、安全性の評価もさることながら、有用性の評価に関してはまだまだ検討の余地が多くあります。三次元皮膚モデルは、人間の皮膚と同様に表面に角層をもちます。そのため、単純な細胞系では不可能であった化粧品そのものの評価が可能であり、経皮吸収性など今まで動物や人間で行っていた試験を行うことが可能です。
最近では、三次元皮膚モデルの表面の水分量を直接測定する試みもなどはじめられており、今後のいろいろな展開が楽しみな評価ツールです。弊社においても、新しい評価系の検討を行っていますので、今後もリリースしていきたいと思います。

 

動物実験代替法 試験詳細

三次元皮膚モデル詳細