皮膚を知り尽くしているから、できること。

SkinEthic HOE / 三次元組織ヒト口腔粘膜上皮モデル

SkinEthic  HOE  (0.5cm2 /直径0.8cm) (4.0cm2 /直径2.3cm)

三次元組織ヒト口腔粘膜上皮モデルであるSkinEthic HOEは、口腔粘膜上皮由来のTR146株化細胞をポリカーボネートフィルター上で気液界面培養することにより構築されます。

 

 ヒト口腔粘膜上皮にきわめて類似した組織学的形態が得られ、SkinEthic HOEは、ヒト口腔粘膜と同様にケラチン6、ケラチン16、さらに、インボルクリンの発現も確認されています。SkinEthic HOEを用いることで、原料及び単層培養系で評価が困難であった製剤の安全性と有用性の評価が可能になります。 

 

※SkinEthic HOEのご購入につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。

製品特徴

in vivo (ヒト)

in vivo (ヒト)
in vivo (ヒト)

in vitro (SkinEthic HOE)

in vitro (SkinEthic HOE)
in vitro (SkinEthic HOE)
Keratin 6
Keratin 6
Keratin 16
Keratin 16

適応試験項目

<安全性評価>

■刺激評価(オーラルケア用品、歯科材料 等)

 

<有用性評価>

■オーラルケア用品の抗炎症評価

■口腔カンジダ症の in vitro 研究

■口腔内粘膜への浸透性と代謝

参考文献

Evaluation of an oral care product safety screening program utilizing

the in vitro SkinEthic Human Gingival Epithelium (RHG) and Oral Buccal (RHO) models.

"再生ヒト口腔粘膜上皮モデル、再生ヒト歯肉粘膜上皮モデルを用いた歯磨き粉の毒性評価”

Wurzburger L, Kazmi P, Re T, Alonso A, Bertino B, Barnes N, de Brugerolle de

Fraissinette A, Hilberer A, Raabe H, Wilt N, Srinivasan V. SOT, 2011.

 

A Biphasic Innate Immune MAPK Response Discriminates between the Yeast and Hyphal Forms of Candida albicans in Epithelial Cells

二相性自然免疫MAPK応答による上皮細胞中の酵母と Candida albicans の菌糸型の識別

Moyes DL et al. Cell Host & Microbe, 8, 225-235, 2010.

 

Quantitative expression of the Candida albicans secreted aspartyl proteinase gene family in human oral and vaginal candidiasis

ヒト口腔および膣カンジダ症におけるアスパルチルプロテアーゼ遺伝子の定量

Naglik JR et al. Microbiology, 154, 3266-3280, 2008.