皮膚を知り尽くしているから、できること。

SkinEthic HVE / 三次元組織ヒト膣粘膜上皮モデル

SkinEthic  HVE  (0.5cm2 /直径0.8cm) (4.0cm2 /直径2.3cm) 

 

三次元組織ヒト膣粘膜上皮モデルであSkinEthic HVEは、外陰部由来のA431株化細胞を、ポリカーボネートフィルター上で気液界面培養することにより構築されます。

 

SkinEthic HVEはヒト膣粘膜上皮にきわめて類似しており、ケラチン6、ケラチン13や分化マーカーであるインボルクリンやトランスグルタミナーゼIの発現 も確認されています。

 

 ※SkinEthic HVEのご購入につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。

製品特徴

in vivo (ヒト)

in vitro (SkinEthic HVE)

SkinEthic HVE
SkinEthic HVE
Involucrin
Involucrin
Keratin
Keratin

適応試験項目

<安全性評価>

■婦人衛生用品の膣粘膜刺激性試験

■入浴剤やボディーソープなどの膣粘膜刺激性のスクリーニング

 

<有用性評価>

■膣粘膜への浸透性と代謝

■抗生物質や抗ウイルス剤の細菌やウイルスへの付着性のスクリーニング

 

参考文献

Integrated in vitro vaginal safety approach for bath and body wash products utilizing SkinEthic Human Vaginal Epithelium (HVE) model 

再生ヒト膣粘膜上皮モデル(HVE)を用いた、ボディソープの安全性評価のアプローチ”

Vinayak S, Alonso A, Bertino B, Costin GE, de Brugerolle de Fraissinette A,

Orak D, Inglis H, Kazmi P, Raabe H, Re T. SOT 2010.


Quantitative expression of the Candida albicans secreted aspartyl proteinase gene family in human oral and vaginal candidiasis

ヒト口腔および膣カンジダ症におけるアスパラギン酸プロテアーゼ遺伝子の定量

Naglik JR et al. Microbiology, 154, 3266-3280, 2008.

 

Candida albicans-secreted aspartic proteinases (Sap) modify the epithelial cytokine response in an in vitro model of vaginal candidiasis.

膣カンジダ症におけるアスパラギン酸プロテアーゼ(SAP)のサイトカインの反応

Schaller M, Korting HC, Borelli C, Hamm G, Hube B. Infect Immun 73 (5): 2758-2765, 2005.