皮膚を知り尽くしているから、できること。

T-Skin / 再生ヒト皮膚全層モデル

T-Skin

 

再生ヒト皮膚全層モデルであるT-Skinは、ヒト線維芽細胞を含む真皮層上に、正常ヒト表皮細胞をポリカーボネートフィルター上で気液界面培養することにより構築されます。

T-Skinは、表皮層、真皮層がそれぞれ表皮真皮接合部でつながったヒト皮膚全層を構成しています。表皮層の表皮細胞では増殖マーカーであるKi-67が発現しており、有棘層ではトランスグルタミナーゼ-1やサイトケラチン-10が、顆粒層ではロリクリンやフィラグリンの発現が確認されています。表皮真皮接合部ではIV型、VII型、XII型コラーゲン、ラミニン-5およびパールカンが発現しており、線維芽細胞においてはI型プロコラーゲンの発現が確認されています。

 

T-Skinを用いることで、再生ヒト表皮モデルのみでは困難であった原料または製剤のより詳細な有用性評価や真皮までの経皮吸収評価が可能になります。

 

 ※T-Skinのご購入につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。

製品特徴

in vivo (ヒト)

in vitro (T-Skin)

 

 

 

 

 

 

 

T-Skin

 

 

 

 

 

 

 

 

Cytokeratin-10

 

 

 

 

 

 

 

 

Transglutaminase-1

 

 

適応試験項目

n  皮膚老化基礎研究

n  原料および最終製剤のアンチエイジング評価

n  原料および最終製剤の光老化に関する評価

n  経皮吸収試験と代謝試験

n  安全性に関する評価

n  表皮と真皮のクロストークに関する評価

n  長期培養を必要とする評価

n  各種タンパク発現

 

n  各種遺伝子発現

 

参考文献

Reconstructed skin to create in vitro flexible models of skin aging: new results and prospects.

“フレキシブルにin vitroで皮膚の老化を再現した再生皮膚:新しい結果と展望”

D. Asselineau, S. Ricois, H. Pageon, H. Zucchi, S. Girardeau-Hubert, C. Deneuville, V. Haydont, V. Neiveyans, I. Lorthois, In Farage MA, Miller W, Maibach H, editors. Springer Berlin Heidelberg 2017 Textbook of Aging Skin p 1203-1228.

 

In vitro and in vivo studies with tetra-hydro-jasmonic acid (LR2412) reveal its potential to correct signs of skin ageing.

“テトラヒドロジャスモン酸 (LR2412) の皮膚老化に対するin vitro および in vivo研究による機序解明

C. Tran, J.F. Michelet, L. Simonetti, F. Fiat, A. Garrigues, A. Potter, E. Segot, R.E.B. Watson, C.E.M. Griffiths, O. de Lacharrière, JEADV, 2014, 28, 415-423.

 

New Combination of Ultraviolet Absorbers in an Oily Emollient Increases Sunscreen Efficacy and Photostability.

“油性エモリエント剤と紫外線吸収剤の新しい組み合わせによる、日焼け止め効果と光安定性の向上”

F. L’Alloret, D. Candau, S. Seité, M.-J. Pygmalion, L. Ruiz, M. Josso, H. Meaudre, L. Gauchet, A.-M. Pena, A. Colonna, Dermatology and Therapy, 2012, 2 :4.

 

Comparison of xenobiotic metabolizing enzyme activities in ex vivo human skin and reconstructed skin models from SkinEthic.

ex vivo摘出皮膚とEPISKIN社製再構成皮膚モデルにおける異物代謝酵素活性比較”

 

J. Eilstein, G. Léreaux, N. Budimir, G. Hussler, S. Wilkinson, D. Duché. Arch Toxicol. 2014, 88:16814-1694.