皮膚を知り尽くしているから、できること。

動物実験代替法

皮膚刺激性試験(RHE法) :OECD TG 439準拠

2010年7月にOECDガイドライン(OECD TG 439)として認可されたSkinEthic RHEを用いたin vitro試験法による皮膚刺激性の評価結果は、in vivoの皮膚刺激性と良好な相関性を示します。 SkinEthic RHEはOECDガイドラインによって認可された3次元培養表皮モデルです。

概要

SkinEthic RHEに試験試料、陰性標準試料(PBS)、陽性標準試料(5%ドデシル硫酸ナトリウム)をそれぞれ角層表面から処理する。60分後に試験試料は角層表面からPBSにて十分洗浄し、37℃、5%CO2環境下でさらに42時間培養する。その後、MTT試験を用いて細胞生存率を測定する。

 

【皮膚刺激性判定基準】

細胞生存率≦50%の場合  刺激あり

細胞生存率>50%の場合    刺激なし

 

SkinEthic RHEを用いた皮膚刺激性試験の試験スケジュールはこちら



※ご検討されている試験につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。