皮膚を知り尽くしているから、できること。

安全性試験

化粧品、医薬部外品など、製品の安全性を最終的にヒトで評価することは製品開発に必要不可欠です。ニコダームリサーチでは、自社ならびに提携試験機関にて種々の評価が可能です。安全性試験としては、ヒトパッチテストや皮膚感作性試験、スティンギングテスト、コメド性試験などが可能です。

 

in vivo 【ヒトを用いた試験】

ジャンル        試験名        
ヒトを用いた安全性試験   ヒト感作性試験
ヒト光毒性試験
ヒト光感作性試験
ヒトコメド性試験
ヒトパッチテスト
ヒト連続刺激性試験
スティンギングテスト



※ご検討されている試験につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。

 

in vitro 【細胞を用いた試験】

ジャンル                試験名       ガイドライン            
動物実験代替法 皮膚一次刺激性試験(EPISKIN法) OECD TG439
光毒性試験(3T3-NR法) OECD TG432
眼刺激性試験(HCE法) OECDガイドライン ドラフト
眼刺激性試験(STE法) OECD TG491
皮膚感作性試験(h-CLAT法) OECD TG442E
3T3細胞を用いた細胞毒性試験  



※ご検討されている試験につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。