皮膚を知り尽くしているから、できること。

動物実験代替法

眼刺激性試験(HCE法) :OECD TG492準拠

2017年10月にOECDガイドライン(OECD TG 492)として認可されたSkinEthic HCEを用いたin vitro試験法による眼刺激性の評価結果は、in vivoの眼刺激性と良好な相関性を示します。 SkinEthic HCEはOECDガイドラインによって認可された3次元組織ヒト角膜上皮モデルです。

概要

1.液体法

試験方法:SkinEthicTM HCE に試験試料を直接添加し、30分間曝露する。なお陰性コントロールとしてPBS (-)、陽性コントロールとしてMethyl acetateを用いる。試験試料を曝露した後、速やかに皮膚モデルを洗浄し、PBS (-)に浸す。30分間浸漬した後、MTTアッセイを用いて細胞生存率を測定する。得られた細胞生存率を基にし、下記に示す判定基準に従って、試験試料の眼刺激性を判定する。

 

判定基準:  細胞生存率≦60%の場合  刺激性

       細胞生存率>60%の場合   無刺激性

 

2.固体法

試験方法:SkinEthicTM HCE に試験試料を直接添加し、4時間曝露する。なお陰性コントロールとしてPBS (-)、陽性コントロールとしてMethyl acetateを用いる。試験試料を曝露した後、速やかに皮膚モデルを洗浄し、PBS (-)に浸す。30分間浸漬した後、新しい維持培地にてさらに18 時間培養する。培養後、MTTアッセイを用いて細胞生存率を測定する。得られた細胞生存率を基にし、下記に示す判定基準に従って、試験試料の眼刺激性を判定する。

判定基準:      細胞生存率≦50%の場合  刺激性

                    細胞生存率>50%の場合  無刺激性

 

 

 

※HCEを用いた眼刺激性試験(受託試験)の実施スケジュールはこちら

 



※ご検討されている試験につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。