皮膚を知り尽くしているから、できること。

安全性評価試験

化粧品、医薬部外品など、製品の安全性を最終的にヒトで評価することは製品開発に必要不可欠です。

ニコダームリサーチでは、ヒトに対する安全性評価や動物実験代替法のご提案受託が可能です。

製剤・原料に適した各種試験をご提案いたします。

安全性評価

in vivo【ヒトに対する安全性評価】

ヒトに対する安全性試験の場合、いずれの試験も原料・最終製剤ともに評価が可能です。

原料の場合は、想定される配合量等を考慮して試験濃度を設定する必要があります。

ヒトに対する安全性評価

in vitro【動物実験代替法】

OECDテストガイドラインに沿った動物実験代替法の試験が可能です。

試験名 ガイドライン    
皮膚刺激性試験 RHE法 OECD TG439
製剤法  
眼刺激性試験 HCE法 OECD TG492
STE法 OECD TG491
皮膚感作性試験 h-CLAT法 OECD TG442E
KeratinoSens法 OECD TG442D
DPRA法 OECD TG442C
ADRA法 OECD TG442C
光毒性試験 3T3-NR法 OECD TG432
細胞毒性試験 3T3-NRU法 OECD GD129

動物実験代替法

お問い合わせフォーム