皮膚を知り尽くしているから、できること。

チロシナーゼに着目した評価

特徴

色素沈着は、メラノサイト(色素細胞)がさまざまな刺激を受けることによる、過剰なメラニン合成が原因のひとつとして知られています。チロシナーゼはメラニン合成の律速酵素として知られており、その酵素活性あるいはタンパク量を分子生物学的手法にて評価します。チロシナーゼ活性阻害作用あるいはチロシナーゼそのものを減少させる検体は、美白剤としての可能性があります。

概要

ヒト由来メラノサイトを用いたチロシナーゼ活性阻害試験

メラノサイト由来の粗酵素液と検体および基質(DOPA)を反応させ、検体によるチロシナーゼ活性阻害作用を評価します。

ヒト由来メラノサイトを用いたチロシナーゼ生合成抑制試験

メラノサイトを検体を含む培地で培養します。所定時間培養後の細胞を回収し、酵素活性あるいはWB法による検出にて検体のチロシナーゼ生合成抑制作用を評価します。

メラノサイト刺激因子による増殖抑制試験

各種メラノサイト刺激因子でメラノサイトを刺激し、検体を含む培地にて培養します。所定時間培養後のメラノサイト増殖に対する抑制作用を評価します。



※ご検討されている試験につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。