皮膚を知り尽くしているから、できること。

美白試験(長期ヒト使用試験)

特徴

美白剤の有用性を評価するさまざまなin vitroでの試験が行われていますが、 最終的には実際に生体皮膚による試験が必須です。ニコダームリサーチでは、販促資料用のデータから、医薬部外品申請まで対応可能な評価系をご提案いたします。

試験概要

色素沈着(シミ)を有するボランティアや、紫外線によって人工的に作成した色素沈着に対し、試験試料の塗布による色素沈着の抑制作用を評価します。

試験例

■人工的に作成した色素沈着に対する抑制作用評価

 

ソーラーシミュレーター(図1)により人工的に色素沈着部位を作成し、試験試料の長期使用による色素沈着の改善を評価します。評価方法として、皮膚色の測定や熟練評価者または皮膚科専門医による目視判定があります。

■シミを有するボランティアに対する色素沈着抑制作用評価

 

シミを有するボランティアが試験試料を長期使用し、皮膚色の測定や熟練評価者または皮膚科専門医による目視判定により試験試料の色素沈着抑制作用を評価します。

 

■VISIA Evolutionを用いたシミの評価顔

 

画像撮影装置VISIA Evolutionを用いて、顔面のシミの個数や隠れジミの個数を評価します。

 

 

 

 

※ご検討されている試験につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。