皮膚を知り尽くしているから、できること。

角層診断

特徴

テープストリッピングにより採取した角層から、皮膚の状態を診断することができます。さらに角層には皮膚機能に関与する様々なタンパクが含まれており、その活性やタンパク量を測定することで、皮膚の状態を詳細に診断し、試験試料の皮膚に対する作用などを目的に応じて評価することができます。

 

 

カテゴリー

・ターンオーバー、バリア

 KLK5活性測定、BG染色、DACM染色

 

・酸化ストレス

 カタラーゼ活性、FTSC染色

 

・抗炎症

 プラスミン、IL-1α、IL-1RA、TNFα、HPS27等