皮膚を知り尽くしているから、できること。

角層診断~ターンオーバー、バリア~

特徴

テープストリッピングにより採取した角層から、皮膚の状態を診断することができます。さらに角層には皮膚機能に関与する様々なタンパクが含まれており、その活性やタンパク量を測定することで、皮膚の状態を詳細に診断し、試験試料の皮膚に対する作用などを評価することができます。

試験概要

 

角層剥離に関与するたんぱく質の分解酵素の活性量の測定や、染色した角層の画像解析により皮膚の状態やスキンケアの効果を調べることができます。

ターンオーバー

 

 ターンオーバーは皮膚が生まれ変わるためのサイクルです。

表皮細胞は表皮の最深部にある基底層から分化して最外層の角層にまで達します。その期間は約28日といわれています。ターンオーバーの速度は加齢により低下し、肌荒れや炎症状態では逆に亢進します。そのターンオーバーの変化に伴って角層細胞の形態的な変化が起こり、異常がある場合バリア機能を低下させます。

試験内容

 1.活性の測定

  角層細胞の角層剥離に関与するタンパク質分解酵素の活性を評価することで、ターンオーバーの乱れに

 よるバリア機能の低下の指標となります。

 

 〇 KLK5

   KLK5の活性の測定により、表皮角化の程度を評価することができます。

 2.染色法

  角層細胞の染色画像の画像解析により、角化亢進度や角化不全度を評価します。

  肌荒れの指標として用いることができます。

 

 〇 BG染色

 

細胞面積

健常な皮膚の角層は規則的な六角形です。

 

しかし角化が不十分であると角層細胞の形状は変化します。細胞面積を測定することでターンオーバーの乱れの指標となります。

 

 

有核細胞率

正常に角化していない角層細胞では核を残った有核細胞が観察されます。有核細胞の割合を測定する

ことでターンオーバーの乱れの指標となります。

 

 

多重剥離

荒れた肌では、角層が剥がれやすくなっています。

そのため多重剥離度を測定することで、肌荒れの指標となります。

 

  〇 DACM染色

   角化不全度…ターンオーバーが不十分な場合、角層細胞にSH基が多く残存するため、

                         そのSH基について評価することで、角化不全度の指標として用いることができます。

※ご検討されている試験につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。