皮膚を知り尽くしているから、できること。

角層診断~酸化ストレス~

特徴

テープストリッピングにより採取した角層から、皮膚の状態を診断することができます。さらに角層には皮膚機能に関与する様々なタンパクが含まれており、その活性やタンパク量を測定することで、皮膚の状態を詳細に診断し、試験試料の皮膚に対する作用などを評価することができます。

試験概要

酸化ストレスに関与する防御酵素(カタラーゼ)活性や角層タンパクのカルボニル化を評価することで、皮膚に対する酸化ストレスの指標として用いることができます。

 

 

 

酸化ストレス

 酸化ストレスとは、活性酸素(ROS)が過剰に発生し、体がサビついた状態で、老化の原因とも考えられています。酸化を防御するために抗酸化物質や抗酸化酵素があります。特に紫外線によるROSが発生すると抗酸化酵素 (カタラーゼ) が放出されます。また、角層を構成するタンパクのカルボニル化を亢進させます。

 

試験内容