皮膚を知り尽くしているから、できること。

保湿・バリアに関する評価

特徴

皮膚の乾燥は、様々な肌トラブルの原因となります。保湿を担う因子には、表皮バリア機能および天然保湿因子(NMF) 成分による水分保持機能によって制御されており、これらの因子は、紫外線、乾燥、ストレスなどの外部および内部刺激により低下することが知られています。これらの因子の低下を抑える作用をもつ素材は、保湿効果が期待されます。

概要

三次元皮膚モデルを用いたセラミド定量試験

三次元皮膚モデルを用いたセラミド定量試験。表皮バリア機能を担う細胞間脂質の構成因子であるコレステロール/セラミド脂質の含有比率を、HPTLC法を用いて検出します。

 

フィラグリンドットブロッティング法を用いた評価

NMF成分のもととなるフィラグリンタンパク量を、免疫抗体法のひとつであるフィラグリンドットブロッティング法にて検出します。

表皮第2のバリア、タイトジャンクションと周辺タンパクの免疫染色

 皮膚においてバリア機能は、外界からの異物侵入や刺激を防御するために、非常に重要な機能と言われています。レンガとモルタルで例えられる角層は第一のバリア、そして近年表皮顆粒層第2層に発現するタイトジャンクション (Tight Junction, TJ) が第二のバリアとして非常に注目されています。このTJは、タンパク発現のみならず、構造体の形成が非常に重要であると言われています。

 

 表皮細胞を積層培養しながら検体を処理することで、TJ構成タンパク (OCLN, CLDN, JAMなど) の発現量の変化と構造体形成を免疫染色によるビジュアルデータとして確認できます。



※ご検討されている試験につきましては、こちらからお問い合わせ下さい。