皮膚を知り尽くしているから、できること。

有用性試験

 近年、化粧品、医薬部外品などの有効成分について、ヒトによる製品評価だけでなく細胞レベルでの有用性メカニズムの解明が求められるようになってきています。

 

in vitro試験では、各種単層培養細胞系や、三次元培養組織モデル、あるいはそれらの組み合わせの試験を用いて、DNAや各種タンパクの発現、各種酵素活性の測定が可能です。さらに、ビジュアルデータが得られる組織染色による画像解析など様々な試験の実施が可能です。これらの試験を用いて、美白、アンチエイジング、抗酸化、抗炎症、または育毛といった幅広い目的の評価をしています。また 抗老化作用の評価を目的とした老化線維芽細胞モデルの開発や、三次元表皮モデルと線維芽細胞の共培養系による表皮と真皮のクロストークの評価系の開発、さらに、三次元表皮モデルの皮膚表面を乾燥状態にした乾燥皮膚モデルの開発など、新規の評価系の開発も積極的に取り組んでおります。

 

in vivo試験としては、試験期間が短期間である保湿試験、肌荒れ試験から、試験期間が長期である抗しわ試験や、育毛試験など様々なヒト試験が実施可能です。機器による数値測定や、皮膚表面から採取したレプリカ、およびテープストリッピングによって採取した角層を用いた皮膚表面状態解析など、多項目にわたる評価が可能です。また、人工的に紫外線を照射することにより、惹起させた色素沈着や炎症を対象とした美白試験や抗炎症試験なども実施しております。

 

 

in vivo 【ヒトを用いた試験(臨床試験)】

ex vivo

ジャンル          試験名                             
  育毛試験
経皮吸収性試験
摘出ヒト皮膚を用いた有用性評価

in vitro 【細胞を用いた試験】

ジャンル          試験名                             
スクリーニング 賦活作用評価
細胞毒性試験

DNA損傷測定試験           <分子生物学的手法>

酸化ストレス耐性試験
細胞内評価
検体自体の評価
ウェスタンブロティング法を用いた評価 <分子生物学的手法>
ELISA法を用いた評価         <分子生物学的手法>
組織切片染色法を用いた評価      <分子生物学的手法>
簡易一重項酸素検出法
シワ コラーゲン合成試験
ヒアルロン酸合成試験
MMP-1抑制試験
エラスターゼ活性阻害試験
H2O2刺激による疑似老化細胞を用いた評価
AGEs刺激による線維芽細胞のサイトカイン誘導抑制作用評価
美白 チロシナーゼに着目した評価
メラニン合成抑制試験
メラノソーム貪食による表皮細胞の増殖低下改善作用
保湿・バリア フィラグリンドットブロッティング法を用いた評価
セラミド定量試験
表皮第2のバリア、タイトジャンクションと周辺タンパクの免疫染色
毛髪 毛乳頭細胞を用いた賦活作用試験
毛髪表面に特化した評価
メイクアップ カバー力評価
経皮吸収 三次元皮膚モデルを用いた経皮吸収性試験
その他 リパーゼ活性測定
抗菌力試験
リポソーム膜安定化試験
過酸化脂質定量
太陽光による退色試験
簡易アミノ酸分析
表皮細胞を用いた血管増殖因子VEGF過剰誘導抑制作用評価
大気汚染物質による皮膚ダメージ防御作用評価